2006年08月26日

ごろちゃんの分身

Q.これ、何でしょう?
おもひで1.JPG

A.ただの箱です。。。G-SHOCKの
おもひで2.JPG

でも、中身がすごい!!
世界にひとつしかない私の宝物ですぴかぴか(新しい)

じゃーん ミニごろちゃんのぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)   …あ、ひいちゃいます?(苦笑)
おもひで4.JPG
G-SHOCKの[G]はGOROのG!!

更にズーム(いらないって?)
 
 ▼
 ▼

どーん
おもひで5.JPG
5ヶ月前後で生え変わったのねぇ〜
奥歯を一本も見つけれなかった事と、右上の牙が見つけれなかった事が非常に悔しい!!

私、猫歴=年齢ってくらい猫と一緒にいるんですが、猫の歯が生え変わるって知ったのはまるちゃんが初めてでした。。。
まるが小さかったとき、牙が2本ずつ生えてたのを見て
やっぱり(←?)まるちゃんはちょっとおかしいって!!
って思ったくらいビックリしました。

おもひで6.JPG

かわいかったのぅ黒ハート

おもひで7.JPG

当時デジカメ持ってなかったことも、ホント悔やまれる…もうやだ〜(悲しい顔)
可愛いミニごろちゃんは、コキタナイ携帯の画像しかないよぉ〜

い、今のぼくは…
おもひで8.JPG

かわいくないの…? うぇ〜ん
おもひで9.JPG

そんな事ないよ!!さいっこーに可愛いよん黒ハート黒ハート 左さいっこーに親バカ発言たらーっ(汗)

ひゃぁひゃっひゃっひゃー やっぱりぃ!?
おもひで10.JPG

やっぱ、ちょっとかわいくないかもむかっ(怒り)

カチンコおまけカチンコ

おもひで3.JPG
抜けたひげ&先日の毛玉ボール
こんなのまで取っておいてます(*~~*)ポッ

四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉

演技派?ごろちゃんは、
ランキングに参加しています。
読んでくださったら、ポチポチっとお願いします猫(足)
毎日の更新の励みになります!!

goninn.jpg mne.jpg


シーバ おいしい顔フォトコンテストに参加しています。
よろしければ、こちらも応援お願いします。

シーバおいしい顔フォトコンテストに参加中! 投票はこちら

シーバおいしい顔フォトコンテストに参加中! 投票はこちら


ありがとうございましたるんるん


ニックネーム とっちー at 18:06| Comment(33) | TrackBack(5) | ヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

ごろまるヒストリー ☆ごろまるコンビ編☆

思ってた以上に長くなってしまいました(笑)が、ごろまるヒストリー、今日で一応終わりです。
(私達とごろまるの生活はまだまだずーっと続きますがね♪)
ダレてきたかもしれませんが(私がダレ気味)もう少しお付き合いください。。。

ごろまるひすとりー1.JPG

2005年8月。
私達とごろが実家(まるちゃん邸)に引っ越してきました。
多頭飼いは今までも何度も経験してきましたが(多いときは10匹以上いたと思います)、大人同士を途中から一緒に飼った事はありませんでした。
特にごろは今まで飼ってきた中でもトップクラスの気性の荒さです。甘やかしたせいで噛み癖も治っていません。(未だに治ってない…もう諦めてます)
本気でまるが怪我するんじゃないかと心配でした。

しかし意外にもまるには、噛み付いたりしません。取っ組み合いの喧嘩もしません。
(にいにには容赦ないのに。。。涙)
お互い寸止め猫パンチと追いかけ合いだけです。

見た目おっとりなまるですが、猫同士にしかわからないような迫力があるのかもしれません(苦笑)
まるが睨むとごろもたじたじです。

ごろまるひすとりー1.JPG

はじめの頃はお互い近づくとウーとかシャーとか言ってましたが、冬くらいからまるが寝ているごろにそーっと近づくようになってきました。そして微妙な距離を取りつつも側で寝るようになりました。
ただ寒いから側に寄っただけかもしれませんが、かなり嬉かったです(喜)
ごろの方は目が覚めると側にまるがいてびっくりして逃げていましたが(苦笑)

ごろまるひすとりー3.JPG

一番嬉しい事はまるが元気になってきたことです。
3代目クロが虹の橋を渡って以来、ほんとに猫なのっていうくらいに大人しくて、ほとんど遊ばないし、動かないし、何よりも体が弱くて、月に2〜3回は病院の処方食を食べていました。
でもごろに追いかけられたりするうちに必然的に動くようになり、徐々に私達がごろと遊んでいるとまるも一緒に遊ぶようになってきて猫らしい行動をとるようになってきました。

心配していた多頭飼いが良い方向に作用しているようで、本当に嬉しいです。

来月でごろまるコンビ結成(?)1周年。

これからも(微妙に)仲良く、元気で楽しく暮らしていこうねるんるん

長々&たらたらした記事を3日もお付き合いくださりありがとうございました。
長い文章を書くのは大の苦手な私なので、上手く表現できていなくて不快に思われる表現等もあったと思いますがご了承ください。。。

かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

シーバキャンペーン「おいしい顔フォトコンテスト」にごろまる参加してみました!!
皆様のぽちぽちには本当に感謝しています!!今日もよろしくお願い致します!!!

ごろちゃん下バナーをポチっとお願いします

シーバおいしい顔フォトコンテストに参加中! 投票はこちら



まるちゃん下バナーをポチっとお願いします。

シーバおいしい顔フォトコンテストに参加中! 投票はこちら


上やっとごろまるの投票用バナーが来ました!!
 何度もメールや電話で対応してくださったシーバキャンペーン担当の方の誠実な対応にとても好感が持てました!!


下こちらもポチっとご協力を!!

ランキングに応援ポチポチお願いします猫(足)

にほんブログ村 猫ブログへ

banner_02.gif

ありがとうございましたるんるん

ニックネーム とっちー at 19:47| Comment(22) | TrackBack(0) | ヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

ごろまるヒストリー ☆ごろちゃん編☆

引き続き我がブログの主人公達の自己紹介兼生い立ちです。

今日はごろちゃんです。

ごろひすとりー1.JPG

2004年6月2日。
にいにから一通のメールが。
ダンボールに入った小さいキジトラの写メ。
本文は「ニャー」のみ。
普段からたまに猫の写真を送ってくるのでいつもの事だと思いスルーしていました。
しばらくすると今度は「会社にとらごろうが居る」と電話が。
この人は何を言ってるのだろう???とらごろうって何???
にいにから「連れて帰ってもいい?」とまた電話が。
どうやら会社の敷地内で生まれた仔猫が母親とはぐれたらしいとの事。

当時、私たちはペット禁止のアパートに住んでいたため私は
「ダメ!!」と即答。
ふだんは聞き分けのいいにいにですが、今回は頑固!
会社から帰ってくると、私を連れてまた会社にとんぼ返り。
猫好きの私に見せればどうにかなるだろうと思ったんでしょう。

会社に着き、ダンボールの中を覗くと手のひらにすっぽり入るくらいちいさな仔猫がミャーミャー鳴いていました。
ダンボールの中には、会社の方がくれたであろうアイスのカップに入ったお水とふやかしたドッグフードが手付かずの状態でありました。(涙)
私達はとりあえず家にあった、鰹節とミルクを持ってきていたのでそれをあげようとしましたが、ひとりでは飲めない様子。スポイトであげたらゴクゴクと飲みました。(本当は猫にミルクは良くありませんが)
どう見ても一人ではまだ生きていけない様子。
でも家はペット禁止。
どうしても決断できずにその日はミルクをあげて鰹節を置いて帰ってきました。
次の日、にいにから「かわいそうで仕事にならない」と何回も電話が。
その日も仕事後私を連れて会社へ。
見ると昨日置いた鰹節もそのまま。排泄等も出来てない様子。
あまりに可哀相で放っておけない状態でした。

とりあえず連れて行って、実家(まるちゃん邸)で飼ってもらおう。

という言い訳をつけて6月3日、アパートへ連れて帰りました。
アパートに帰る途中、ペットショップでトイレ一式とミルク、哺乳瓶、ご飯などを買って帰りました。
この時点で、実家で飼ってもらうという言い訳はどこかへ吹っ飛んでいたように思います(苦笑)

ちなみに名前は上にも書いたように、にいにがごろを見た瞬間にとらごろうと決めてしまったようです。
いつ2004が付いたのかはまたの機会に書きたいと思います(笑)

ごろひすとりー2.JPG


その日からは追い出されるんじゃないかとひやひやしながらも、楽しい生活が始まりました。
(何度も引越しを考えつつも条件があう物件がなくて、なかなか引っ越せず…)

一声「にゃあ」と鳴いたら何をしててもごろ優先の生活(苦笑)
夜中でも起きて遊んであげる王様待遇。ごろが疲れ果てて寝るまで遊んであげていました。
(だからこんなまっちょに!?)
お陰で鳴けばこいつら何でもしてくれると学習したらしく、無駄鳴きキングになってしまいました。これは未だに治っていません。。。

そしてアパートに一匹にするのが心配で、ほんの少し出かけるときもキャリーとばれないようなバッグに入れて連れて歩きました。
おかげでひとりぼっちが大嫌いでお留守番できない猫になってしまいました(苦笑)
ちなみに今でも私が出かけるとトイレ以外の場所におもらししています。。。

こんなこそこそとした生活、ごろにも私達にも良くない事は十分に分かってはいましたが、当時はどうにも出来ませんでした。。。
ごろにも不自由な生活をさせて(うるさくできないので思いっきり遊んであげられない、大好きなお外観察もカーテン越しでしか見せてあげられない等)、本当に可哀相な事をしたと思っています。。。

ごろひすとりー3.JPG

そんなこんなであっという間の1年3ヶ月が経ち、2005年8月。
なんとかバレずにアパートを引っ越すことが出来ました。
月に何度かは、実家(まるちゃん邸)に遊びに来ていた事も功を奏したのか、ごろは引越したにもかかわらず普通にこの家に馴染みました。
猫って家に付くと聞きますが、ほんとかいなって程に初日から普通でした(苦笑)
体調を崩すことも無く、ご飯もお水もしっかり摂りビクビクした様子もありませんでした。
逆にまるの方が一気に見慣れない奴らが3人も増えてびっくりしたようでお腹を壊してしまいました。。。

ただ、ペット禁止物件で人目に晒さない生活をさせていたからか、私達以外の生き物には(とっちー母やまるちゃんにも)威嚇しまくりで、はじめはどうなることかと思いました。
でもそれも数日で収まり、今では来客にでも擦り寄っていき、「ポンポン見るか?」と大の字になるようなプライドの欠片もないような猫になっています(笑)

あとは、まるちゃんとも仲良くなってくれればなぁたらーっ(汗)

もう少しつづきます。。。


かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

シーバキャンペーン「おいしい顔フォトコンテスト」にごろまる参加してみました!!

ごろちゃん左ポチっとして「投票する」をクリック猫(足)
まるちゃん左ポチっとして「投票する」をクリック猫(足)

上お手数ですが「投票する」をクリックしていただけたら、ごろまる&飼い主大感激です猫(笑)

下こちらもポチっとご協力を!!

ランキングに応援ポチポチお願いします猫(足)

にほんブログ村 猫ブログへ

banner_02.gif

ありがとうございましたるんるん

ニックネーム とっちー at 20:40| Comment(22) | TrackBack(0) | ヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

ごろまるヒストリー ☆まるちゃん編☆

ブログを始めて2ヶ月たちました。
なのでそろそろこのブログの主人公達の自己紹介(今更!?)を兼ねて生い立ちを…

今日はまるちゃんです。
(私は当時ここに住んでなかったので、とっちー母から聞いた話も入ってます)

まるひすとりー1.JPG

2000年10月15日。
我が家の車庫のタイヤ山で半野良のグレコお母さんから生まれました。
兄弟猫も3〜4匹生まれたらしいのですが、野良の世界は厳しくいつの間にかまるとグレコしかいなくなっていたそうです。
そしてまるが乳離れする頃にはグレコもいなくなり、まるだけが我が家の車庫に残されました。
当時我が家には先住猫(3代目クロ♂未去勢)がいたため、とっちー母は車庫や庭でまるにご飯をあげていたそうです。
しかし冬も近づいてきて、仔猫には厳しい季節。
無類の猫好きのとっちー母はまるを正式に我が家の一員に向かえました。

まるひすとりー2.JPG

まだ赤ちゃんだったと言う事もあり、3代目クロとも案外早めに打ち解けることができました。
今のごろ&まるとは大違いの大の仲良しさんでした。
一度だけ赤ちゃんも産んだんですよハートたち(複数ハート)

そして2003年。
3代目クロが腎臓の病気で虹の橋へ。。。
闘病中はまるもずーっと寄り添っていたそうです。

相方が居なくなったせいなのか、もともと丈夫なほうではなかったのですが、その頃からまるは体が弱くなり、病院通いも頻繁だったそうです。
私も近くに住んでいたので、病院の付き添いや処方食を食べさせる為にココに通うことも多かったです。

まるはきっと長生きできないだろうなぁ、などと話をしていた事もありました。
そう思わせるほど弱って痩せていきました。
その後2年ほどは体調が良くなったり悪くなったりの繰り返しでした。

まるひすとりー3.JPG

今年10月で6歳になりますが、今では鼻炎気味ではあるものの病院通いもしないで済むくらい元気です。
上の写真は古い順に並べたのですが、どんどん若返っているようにも思えます(親バカ)

いつまでも元気で長生きしようね、まるちゃん黒ハート


ランキングに応援ポチポチお願いします猫(足)

にほんブログ村 猫ブログへ

banner_02.gif

ありがとうございましたるんるん

ニックネーム とっちー at 21:49| Comment(20) | TrackBack(0) | ヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする